シングルマザーにおすすめの株

シングルマザーにおすすめの株としては、まず哺乳瓶などの赤ちゃん用商品を販売している日本の企業が挙げられます。赤ちゃん用哺乳瓶などを作っているメーカーの製品は一度は使っている可能性が高いことから、馴染みのある会社になるのではないかと考えます。また、この企業では欧米や中国での販売を伸ばしていることから、長期に渡って事業が拡大していくことが期待できます。とくに最近ではインドでの販売を強化する動きがあり、インドでは市場が20年以上は成長する有望な国となっています。したがって、日本の赤ちゃん用品メーカーの株を長期で保有することで、将来のキャピタルゲインを得ることが期待できるようになります。また、現時点の配当利回りにおいても、年利で1.5%という高い利回りとなっているため、定期的に高配当を得ることが可能となっています。次にシングルマザーにおすすめの株としては、魅力的な株主優待が受けられる銘柄が挙げられます。食品メーカーの多くでは、自社の製品の詰め合わせを株主優待として送ってくれるところがあります。半年に一度ごとに食品が送られてくるのは、生活する上で助かる面が出てきます。また、外食チェーンでは株主優待として、自社のチェーンで使える食事券を送ってくれるところが多いです。食事券があれば、たまに外食をする際には便利となってくることが期待できます。さらに企業によっては、株主優待としてお米を送ってくれるところが存在します。お米を送ってくれる企業の株主になることで、お米を買う回数を減らすことも可能になってきます。他にも商品券が送られてくる会社も存在していますが、自分の欲しい優待が付いている企業へ投資するのも選択肢となると考えます。

株は生活に余裕があるときに開始すべし

新しいことを始めたばかりのころは、自分の経験の無さから慎重になる人が多いと言われています。最初は慎重に行っていた人でも、ある程度経験を積んでくると、初心者のころの気持ちを忘れることも珍しくないです。初心者のころは新しく始めたことに慣れていないことを知っているため、あまり無謀なことをすることは無いでしょう。しかし、少し結果を出せるようになると、だんだんと自分の能力を過信する人が出てくるかもしれません。実力が伴っていればいいのですが、殆どの場合は勘違いであることが多いため、痛い目に遭うことが少なくないです。新しいことを初めてある程度経験を積んでも、常に初心者のような慎重さを忘れないでください。普段なら簡単にできることでも、精神的に不安定になるとできなくなることが珍しくないです。特に株のようにお金が関係してくるものの場合、一度出た損を取り戻そうと無謀になる傾向があります。損が出たら悔しいですが、マイナスが出てもすぐに取り戻そうとしないようにした方が結果的に良いことが多いでしょう。今まで以上にプラスを出そうとして生活費や全財産で取引すると、正常な判断が難しくなり取引結果も悪くなりやすいです。このようなことになら無いように、株は生活に余裕があるときにしてください。生活に余裕があるときの方が、精神的にも安定しているため、普段よりも好ましい結果が出やすいかもしれません。株初心者のころは慎重だった人でも、取引を続けるにつれ無謀な取引をする可能性もあります。特に損失が出ているときは危険です。取引で損が出ても問題無いように、失っても困らないお金で取引するようにしてください。安全な取引を心掛けましょう。

母子手当で株を始めてもいいの?

母子手当は一人親を支える制度で、目的は子供の健康的な養育、そして安定した生活の実現にあると考えられます。母子手当自体は、厳密な用途は定められていませんが、子供に使う目的があるので、これをそのまま株に投資する事は考えものです。ただ、仕事の収入と母子手当といった所得は、一度手元に入れば区別が曖昧になるので、常識の範囲内なら株目的の使用も検討する事が出来ます。手当を全額株に使う選択は間違いですが、一部を将来の生活費にあてたり、生活を豊かにする目的で投資を行う事は効果的です。具体的な株の投資方法としては、投資専用の口座を作り、毎月決まった金額だけ資金を口座に入れるやり方があります。また、安定性や将来性がある銘柄を選び、長期的に分散投資する選択肢も有効になります。株は生物としての性質を持っているので、一つの銘柄に全額投資したり、今までが安定しているからと、今後も大丈夫という保証はないといえます。しかし、株について勉強したり、計画的に投資を行う冷静さを持つ事が出来れば、子供の将来や成人した後の資金を貯めておく事が可能な状況に変わります。問題は株の資金ですが、母子手当を含めて収入から毎月の生活費を割り出し、そこから少しずつ株購入費用の捻出を行えば、母子家庭でも本格的な投資が始められるようになります。母子手当の当初の目的を忘れない点は最重要ですが、手当の意義から逸脱しない用途と使い方であれば、使っても問題が問われる可能性は低くなります。ポイントは手当を受け取って使い道を決める母親にあり、特に小さな子供はお金の使い方が分からないので、代わりに親が責任を持って有効活用を行い、将来に備えて資金を増やす方法が有意になります。

▼シングルマザーにおすすめする投資顧問はこちらのサイトでご紹介します
投資顧問の比較はこちら
▼株価が値上がりする可能性がある銘柄の情報はこちらから
注目株
▼株主優待はお得に賢く利用しましょう
株主優待の利回りは高いほどお得